設立の目的

産業医資格を持つ意欲ある医師を対象に、実務に役立つ実践的な教材と情報を提供し、職場の産業保健課題を独力で解決できる産業医育成を促すことをもって、健康、安全、快適な労働生活の実現に寄与することを目的とする。

ご挨拶

浜口伝博の写真平成31年(2019年)4月、働き方改革関連法が施行されました。

労基法、安衛法の改正を含む労働行政70年ぶりの大改革と言われています。背景の一つに、産業構造や就業形態が大きく変化するなかで、労働者保護が追いついていなかったという反省があります。改正安衛法では、産業医の独立性・中立性を背景に「産業医の権限強化」が打ち出され、同時に産業医には「誠実職務義務」「知識能力向上義務」が加えられました。産業医機能の拡充をもって、労働者の安全と健康を確保するとのメッセージとも受け取れます。

重大な社会期待に応える産業医には、技能向上への不断の努力が求められています。

日々変化する産業現場にあって、「今、そこにある産業保健問題」に対する専門的知識と解決力が必要だからです。しかし多忙を極める産業医の先生方にとって技能研修の機会はそう多くはありません。そのような先生方を支援するためにはネット配信事業がきっとお役に立つはずと考え、e-ラーニング研修サイト「一般社団法人産業医アドバンスト研修会」を立ち上げました(2019年9月1日開講)。隙間を使ってPCや携帯で視聴することができるよう、学習コンテンツ(15分程度)や対談などを配置していますし、オフライン研修情報(産業医科大学プレミアムセミナーにも協力しています)や、双方向性型の研修企画も進めています。

とくに下記の先生方を意識してコンテンツの充実に心がけています。

  • 産業医技能を継続的に向上させ、実践的な産業医力を身につけたい方
  • 産業医経験が十分でなく、情報収集と人的ネットワークを広げたい方
  • 自分一人での産業医活動となっているため、片よらない情報を入手したい方

私たちは「問題解決型産業医」を通して産業社会の公益に貢献する団体です。

会員には2種類があります。スタンダード会員(無料会員)とアドバンスト会員(有料会員)です。前者はHPに無料開放されているコンテンツや情報を得ることができます。IDをご登録いただけば有料会員同様にメールマガジンも読むことができます。後者はさらに学習コンテンツのすべてを視聴することができ、加えて、有料会員にクローズなネット上にて自由に仲間づくりをすることができたり、産業医の募集情報やセミナー講師の募集情報などを入手することができます。

本事業の目的は、産業医の先生方の知識能力の向上を支援するとともに、産業医間の情報交流を活発化し、産業医活動が拡大することをもって、広く社会の公益に資することにあります。同趣旨はまた、賛助会員の皆さんも強く同意するところです。

本研修会が、産業医活動に真摯に取り組む先生方の道しるべとなり、頼りになる杖となれますよう日々前進してまいります。
皆様の積極的な参加をお待ちしています。

令和元年(2019年)9月1日
一般社団法人産業医アドバンスト研修会
理事長 浜口伝博

*本研修会は、日本医師会認定単位を発行しておりませんのでご注意ください。

組織概要

名称 一般社団法人産業医アドバンスト研修会
Japan Occupational Health Training Association
所在地 〒102-0093 東京都千代田区平河町1丁目6番15号 USビル 8階
創立 2019年4月1日
役員(社員・監事) 設立時理事 浜口 伝博(産業医科大学産業衛生教授)
設立時理事 立道 昌幸(東海大学医学部衛生学公衆衛生学教授)
設立時理事 佐々木 規夫(東京中央産業医事務所パートナー医師)
設立時監事 小島 健一(鳥飼総合法律事務所パートナー弁護士)
顧問 大久保 利晃(元産業医科大学学長)

資料ダウンロード