イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

事例検討会:「できる範囲」で健康診断事後措置の最適化を考える

2023年12月14日 @ 8:00 PM - 8:45 PM

■ アーカイブ映像

正会員の方は下記のURLよりアーカイブ映像をご覧いただけます。
https://johta.jp/lessons/cs2312/

■ テーマ

「できる範囲」で健康診断事後措置の最適化を考える

■ 日時

2023年12月14日(木) 20:00-20:45

■ 講師

菅野良介先生(産業医科大学作業関連疾患予防学教室非常勤助教/産業医)

■ 内容

健康診断後の事後措置とは「事業者が健康診断結果を基づき労働者の健康を保持するために講じるべきもの」とされていますが、具体的な措置は産業医などの意見を聴いた上で決定されるため、産業医の判断が事業者と労働者に大きな影響を与える可能性があります。
一方で、嘱託産業医の場合は活動時間が限られていることから事後措置対応にどこまでの工数を割くべきか悩む場面もあるかと思います。
今回は、事業者より定期健康診断後の事後措置対応について相談された時に「対応できる範囲で労働者と事業者の利益の総和を最大限考慮した提案が出来る」ことを目的に、事後措置対応に必要な知識や実際のアクションについて検討します。

<事例検討会の登壇者を募集中です!>
JOHTAでは正会員皆さんから事例を募集しています。すでに解決した事例、懸案中の事例など、開示可能な事例につきご提示ください。採用者には講師料(3万円/税別)をご提供致します。お問い合わせは drhama@johta.jp まで。

開催形

Zoomによるオンラインイベント形式

■ 対象者

正会員(先着100名まで)

■ 参加費

無料

■ イベントへの参加方法

本イベントはZoomを利用したオンラインイベントです。
対象会員は、ログインすることでアクセス情報をご確認頂けるようになります。

※予約は必要ありません。当日先着100名までご参加頂けます。

 

詳細

日付:
2023年12月14日
時間:
8:00 PM - 8:45 PM
イベントカテゴリー:

@2019 JOHTA All Rights Reserved.