面接指導力

現在の状態
未登録
価格
有料会員

健診後、過重労働後、ストレスチェック後、復職時の面接、等々、産業医には労働者と面接する機会が多く発生します。その際、医療機関での問診型の面接とは異なり、本人の健康リテラシーを向上させて行動変容につながるような保健指導力が必要です。予防医学知識を上手に使いながら、本人の適性に合わせた指導を行いましょう。

内容

すべて展開

@2019 JOHTA All Rights Reserved.