産業医に必要な論文・レビュー(10)

このコーナーは、立道昌幸先生(東海大学医学部公衆衛生学教授)のご協力により、論文・レビューのご紹介をいただいています。先生からのレターとともに掲載いたします。


2020年11月13日

アドバ研の皆様

お疲れ様です。
今、インフルとコロナの同時流行が懸念されています。
そのため、インフルのワクチンを勧めることを各社でもしていると思います。
そのため、まずインフルワクチンは、どの程度効果があるのかについてのエビデンスを確認しておきましょう。
ちょっと、古いですが2014年につつき、2018年にコクランレビューが、RCTのまとめをだしています。

インフルエンザの効果を見るとき、問題となるのがアウトカムで、正確にインフルエンザと抗原検査で確定診断している場合(確実にインフルエンザの発症)、インフルエンザ様症状(ILS)として症状をアウトカムとすること、そして、入院を予防することをアウトカムとしうることなど、それぞれでアウトカムがことなることです。

これらのアウトカム毎で、効果が認められますが、仕事を休むについては、あまり効果ないような結果が出ています。

いちど、じっくり読んでみてください。

Vaccines for preventing influenza in healthy adults
Cochrane Database Syst Rev
.2018 Feb 1;2(2):CD001269. doi: 10.1002/14651858.CD001269.pub6.
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29388196/